会社案内:ニュースリリース

コーヒー好きの方も納得。
コーヒーそのものの香りと味わいを極限まで追求した
「猿田彦珈琲 FORCE CANDY」シリーズを新発売。

2016年5月2日
UHA味覚糖株式会社

 UHA味覚糖株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:山田泰正)は、東京・恵比寿に本店を構えるスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」とともにコーヒー本来の香りと味わいを追求したキャンディ「猿田彦珈琲 FORCE CANDY」を2016年5月2日(月)より発売いたします。

 香料を使用せず、コーヒーそのものの香りと味わいだけを感じられるキャンディに仕上げております。アロマバック製法を用い、飴の製造工程による熱で逃げたコーヒーの香りを再度キャッチして飴に戻すことで他にはないコーヒーそのものの香りが感じられます。
 また、持ち運びに便利なジップ付きの小袋タイプなので、いつでもどこでも、ホッと一息つけるリラックスキャンディです。
【商品の販売は終了いたしました】

商品情報
商品名 猿田彦珈琲 FORCE CANDY
フレーバー クラシックフレンチ、スチームミルク
発売日 2016年5月2日(月)【商品の販売は終了いたしました】
発売地域 全国
内容量 16g

猿田彦珈琲 大塚氏コメント

"私たちが考える、おいしい"

おいしいは世界の誰をも幸せにする力があると考えています。
それを「コーヒーの飴で表現することができるのか?」という不安はずっとありましたが、私たちなりの答えが小さな袋に詰め込んであります。

この小さな袋に納められたキャンディが皆さまの近くにあることで、リフレッシュする時間やひとときの愉しみなどを演出し、日々の暮らしに少しばかりの力になれれば、という想いで『FORCE CANDY』と名付けました。

ぜひお楽しみ頂ければ幸いです。

猿田彦珈琲

 猿田彦珈琲は「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」をコンセプトに、2011年東京・恵比寿にオープンしたスペシャルティコーヒー専門店。最高品質の豆を選び、それぞれの豆に合わせた焙煎・飲み方に合わせた抽出、カップへのこだわりがお客様のみならず、メディアからも高く評価されている。日本のサードウェーブコーヒーの先駆けを担う存在として大きな影響力を持つ。

※サードウェーブコーヒー
サードウェーブコーヒーは、1990年代アメリカで起こったコーヒー文化のムーブメントで、日本にも広がりを見せつつある。ファーストウェーブは、第二次世界大戦後、コーヒーの大量生産が可能になった頃、浅煎りの豆を使ったいわゆるアメリカンコーヒーを指す。セカンドウェーブは1980年代の深煎りの高品質な豆を使って淹れるスタイルのこと。エスプレッソをベースにカフェオレやカフェモカなどのアレンジコーヒーが登場した。そしてサードウェーブはスペシャルティコーヒー。特に原料の豆にこだわり、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイルが代表的。

このページの先頭へ